So-net無料ブログ作成

胃は正直だった。コーヒーなんてどれも同じ、じゃない [日記]

まずいコーヒーって、飲んだことありますか?

私は一度だけ、出会ったことがあります。


一口飲んだ瞬間に、酸っぱくて「ウッ」ってなったコーヒー。

ちなみに、古いコーヒーじゃないですよ?

購入してから、日を置かずに開封して、初めて飲んだ時の話です。


あれは、今ほどコーヒーを飲んだことがなくて

コーヒーに対する、知識も経験も少ない私には

なかなか衝撃的な味でした。


これって淹れ方が悪いの?とか

コーヒーってこういうものなの?って調べたところ

酸味が強いコーヒーは、あるらしく

当時は、こういうものなんだと言い聞かせて

ミルクや砂糖を入れて、飲み切りました。


でも、やっぱり私の口には合わないなぁって思って

それ以来、そのメーカーのコーヒーには

安売りしてても、絶対に手を出さないようにしてます。


ところで、コーヒーを飲んで

体調を崩した事ってありますか?


私は、胃が痛くなったり、お腹を下したり

気持ち悪くなったりと、いろいろあります。


これは、カフェインが原因らしくて

症状が出やすい人、出にくい人がいるらしいです。


私は、症状が出やすいタイプなんだろうなぁって思って

あまり気にせずに飲んでいました。


でも、新しいインスタントコーヒーを買ってビックリ!

全然、胃が痛くならないんです。


もうそろそろ、1瓶終わるのに

飲んだ後に気持ち悪くなったり

胃薬のお世話になることは、ありませんでした。


コーヒーの『酸化』って、気にしたことありますか?


コーヒーって、酸化するものらしくて

開封しても、しなくても、酸化は進むらしいです。

それを知ってからは、空気に触れないように

ジップロックに入れて、さらに冷蔵庫に保管して飲んでました。


でも、今思うと、あれはコーヒーが酸化してたせいで

体調を崩してたんじゃないかな?って思います。


なぜ、そう思うかというと、胃が痛くならないコーヒーは

酸化しないように、独自の製法で作られていることが、書かれていました。


コーヒーなんて、どれも同じで

カフェインが原因で、体調を崩すものだと、思い込んでいたけれど

どうやら、そうじゃなかったみたいです。


これからは、コーヒーに対して正直に

「これは酸化してるよ!」「これは大丈夫!」って言ってくれる

自分の胃の意見を、ちゃんと聞いていこうと思います。






共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。